炭水化物ダイエットを行うときの注意点

炭水化物ダイエットとは、適度に炭水化物の量を減らしてダイエットをするという方法です。

ここで間違えてはいけないのは、炭水化物を全く摂らないと、逆に太りやすくなってしまうということです。

炭水化物は、人が生きていくためのエネルギー源で、エネルギー源がなくなると、低血糖状態になり、それが続くと飢餓状態になっていると脳が判断し、次に食べた食事すべてを吸収し、全部をため込んでしまいます。

こうなると太りやすい体質になってしまうのです。

ですから、炭水化物は適度に摂取する必要があります。

炭水化物ダイエットのオススメメニューはこちら≫【入門】効果が出る、炭水化物ダイエットのやり方・メニュー(レシピ)

例えば、いつものご飯の量から20%量を減らしてみましょう。

もしお腹がすくのが心配なら、混ぜご飯にして白米を食べる量を減らすようにしてみてください。

またご飯はよく噛んで食べるようにしましょう。

かむ回数が増えると、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

白米の代わりに玄米ご飯にしたり、雑穀ご飯にしたり、白いパンの代わりにライ麦パンやベーグルパンにすると、健康的にダイエットをすることが出来るでしょう。

また食事の食べる順番ですが、まず汁物を最初にゆっくりと食べてください。

そうすると、お腹がふくらみ満足感を得ることができます。

それから野菜類を食べ、次にメインのおかずのお肉や魚を食べ、最後に主食であるご飯を食べるという順番にしてみてください。

順番を変えるだけでも、血糖値の急上昇を防ぎ、やせやすい体質にすることができます。